和風の衣裳

結婚式前の女性から圧倒的支持!!痩せる&綺麗になる!!
ベルタ酵素ドリンク
ブライダルダイエットならブライダルエステよりベルタ酵素ドリンク

白無垢(しろむく)

白無垢

白無垢(しろむく)とは、打掛から掛下(打掛の下に着る着物)、帯や小物類まで全て白一色に揃えた日本古来の花嫁衣裳です。

白無垢には名前の通り、真っ白な状態で、という身の清らかさを表すとともに、「嫁ぎ先の色に染まります」という意味が込められています。


色打掛(いろうちかけ)

色打掛(いろうちかけ)とは、帯を絞めた着物の上から羽織る、地色・模様に金や銀刺繍を施した華やかな打掛のこと。お色直しで着るイメージが強いですが、白無垢と同様に挙式の際の正式な衣裳となります。

和風の結婚式では挙式には白無垢、披露宴に色打掛を羽織るのが一般的です。
最近は神前結婚式の人気にともなって、色打掛姿の花嫁さんをよく見かけるようになりました。

引振袖(ひきふりそで)

黒引き振袖

引振袖(ひきふりそで)とは、お引き、またはお引きずりとも呼ばれる裾を引いた振袖。中でも黒引振袖は明治から昭和にかけて花嫁衣装として流行したもので、そのレトロなイメージが再び人気になっています。

レトロな大正ロマンの雰囲気が漂う黒引き振袖は町家など和風のレストランウエディングのスタイルにもぴったりです。


新和装(しんわそう)

新和装(しんわそう)とは、角隠しや綿帽子が似合うか不安、和装は着たいんだけど、カツラが嫌! そんな花嫁さんの声を反映して登場した新しいタイプの婚礼衣裳です。

髪は洋風のアップ髪、衣裳はオーガンジーの柔らかい打ちかけなどを取り入れた和装のことでヘアメイクにも洋風のアレンジを含んだりと、自由な感覚が注目度を集めています。

キュートでかわいいデザインも多く、ヘアスタイルも地毛結いなので、カツラが苦手な方でも大丈夫という点も人気の一つとなっています。


必見!高額なブライダルエステを1/10の値段で利用する節約術!


スポンサードリンク
▲ページの上へ
>京都の町家deハウスウエディング
 Home へ
 
Copyright © 2007 京都の町家deハウスウエディング. All rights reserved