和風のヘアスタイル・かつら

結婚式前の女性から圧倒的支持!!痩せる&綺麗になる!!
ベルタ酵素ドリンク
ブライダルダイエットならブライダルエステよりベルタ酵素ドリンク

文金高島田(ぶんきんたかしまだ)

文金高島田(ぶんきんたかしまだ)は、花嫁が白無垢や色打掛を着る際の日本髪の代表です。

髷(まげ)を一回縛る島田髷の髷の根を上げて髷を高くし、額の方へ前に出した髪の結い方で、気品あふれる優雅な髪型とされています。
綿帽子や角隠はこの上にかぶります。

角隠し(つのかくし)

角隠し(つのかくし)とは、結婚する際に、文金高島田の上にかぶる白い布のことを言います。角を隠して従順に従いますという意味を持ちます。

本来女性は嫉妬に狂うと鬼になって角が生える!という言い伝えからきたもので、鬼になるのを防ぐために結婚式でかぶるというものです。 

挙式後は角隠しは外して、代わりにかんざしを挿すのが一般的です。

綿帽子(わたぼうし)

綿帽子綿帽子(わたぼうし)は挙式時に白無垢と合わせるかぶりもので、白絹を袋状に仕立てて被れるようにしたものです。 綿帽子の大きさは、花嫁が髪を結ってボリュームのある頭になっていてもそれをすっぽりと額ほどまで覆いかぶせてしまう程あります。

花嫁は婚礼が終わるまで結婚相手以外の男性に顔を見せてはいけないという風習があったことから誕生しました。綿帽子は色打掛には用いず、白無垢にのみ用いるのが決まりとなっています。


必見!高額なブライダルエステを1/10の値段で利用する節約術!


スポンサードリンク
▲ページの上へ
>京都の町家deハウスウエディング
 Home へ
 
Copyright © 2007 京都の町家deハウスウエディング. All rights reserved